ハリーウィンストン 人気の秘密

世界5大ジュエラーのうちの一つとされるハリーウィンストン は、言わずと知れた永遠の憧れブランド。

なぜそれほどまでに人の心を惹きつけるのか?輝かしいブランドストーリーやブランドのこだわりからその秘密を探ります!

歴史

前身となるプレミア・ダイヤモンド社の活躍

創始者であるハリー・ウィンストンは小さな宝石店の息子として1896年にニューヨークに生まれます。幼少期から宝石に囲まれて過ごしたことも相まって、宝石に対する審美眼は天才的だったと言われています。

ハリー・ウィンストン

15歳で学業を終えたハリーは、父の経営するロサンゼルスの宝石店で経験を積んだ後、1920年24歳の時、現在のハリー・ウィンストンの前身となるプレミア・ダイヤモンド社をニューヨーク5番街に設立。

これまでヨーロッパ貴族にとってファッションアイテムというよりは資産として扱われていた古いデザインのジュエリーを購入、再加工しモダンなジュエリーに昇華させたことで、セレブリティやメディアの注目を集め、プレミア・ダイヤモンド社は急成長を遂げます。

ジュエラー ハリーウィンストンの誕生、ダイヤモンドへのただならぬこだわり

宝石のリメイクだけではなく、デザインから製造・販売まで一貫して手掛けるジュエラーとして、プレミアダイヤモンド社を閉鎖し自身の名前を関した現在の「ハリーウィンストン」を1932年に設立しました。

マリー・アントワネットが所有していた「ホープ・ダイヤモンド」や、726カラットの原石「ヨンカー」など、伝説のダイヤモンドを次々と購入。世界的に貴重なダイヤモンドの3分の1を所有していたとも言われ、「キング・オブ・ダイヤモンド」と称されるまでに功績を上げます。

ホープダイヤモンド

宝石としての価値のみならず、セッティングをとことん追及した結果生まれたのが、ハリーウィンストンを象徴するスタイルである「ウィストニアン・スタイル」。宝石と宝石を細いプラチナのワイヤーでつなぐことにより、地金の使用を極力抑え、あたかも肌に直接ダイヤが散りばめられているかのように錯覚させるこのセッティングは、ジュエリーの美しさを最大限に引き出すとされています。

 

異常なまでも高いクオリティ

ハリーウィンストン では、「ダイヤはふたつとして同じダイヤモンドはない。全てのダイヤモンドはそれぞれが異なる性質を持っており、ダイヤモンドひとつひとつに対して、人間ひとりひとりを扱うように接しなければならない」として、ハイレベルな宝石学を適用し、複雑な計算方法に基いて、ジュエリーに使用するダイヤモンドを丁寧に一つずつ選んでいます。

ダイヤモンドといえば「4C」、つまりカラット、カット、カラー、クラリティで評価されることはご存知の方も多いはず。

例えば、カラー。ダイヤモンドは無色透明に見えて、そのほとんどにはうっすらと色がついており、透明なものから色味が濃いものの順にDからZまでの等級に格付けされます。ハリーウィンストン では上位トップ3の等級である、D、E、Fランクの無色透明とされるダイヤモンドのみを使用しています。

出典:Harry Winston

そしてクラリティ。ダイヤモンドには内部や表面に内包物が含まれていることがありますが、肉眼ではそれらが確認できないとされる上位ランクFLからVS2までに限定して使用しています。

これらに加えて職人たちによる完璧な角度でのカット・研磨により最高品質のダイヤモンドジュエリーを製造しているのです!

まとめ

ハリーウィンストンというブランドは、ハリーのずば抜けたビジネスセンスを土台に、希少な宝石・最高の加工技術が結びついてできた完全無欠とも言える世界であることがうかがえます。

こんなジュエリーを身に着ければ、身が引き締まり、身のこなしさえ美しくなること間違いありませんね!

後日、そんなハリーウィンストンの中でも人気のアイテムをご紹介しますので乞うご期待ください。